スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じむちゃれんじ2

前の続き。

そのあと、2回戦目の人にジャローダRもらいました。

参加賞のカードホルダー4枚と。

あのロイヤルヒールあるやつです。

いいぇえええああああ!!


そのあとカード買ったりして。

今のデッキ公開します。


ツタージャ(はじめてセット)×2
ジャノビー(はじめてセット)×2
ジャローダ(はじめてセット)×1
ジャローダR×1

ビリジオンR×1

キャタピー×1
トランセル×1
バタフリー×1

ビードル×1
コクーン×1
スピアー×1

草エネルギー×9

ゴツゴツメット×1
ふしぎなアメ×1
スーパーボール×2
きずぐすり×2
チェレン×1
ポケモンいれかえ×1


勝ちパターンとしては、

ビリジオンで居座りカードを引きながら、
ジャローダRで全体を少しずつ回復しながら、
ジャローダ(はじめてセット)、バタフリー、スピアー
で逃げまくりながら相手にダメージを与えていくと。
もしジャローダRがでなくても、
ジャローダ(はじめて)のリーフストーム、
バタフリーのヒーリングパウダーで回復できます。
あとスピアーのしびれどくで毒にしつつ麻痺。


なんという嫌~なデッキなんでしょうかね。

はやく次の大会に行きたいです。
スポンサーサイト

じむちゃれんじ

この前ポケモンカードの大会いってきました。

小規模だけど。

集まった人数は、のべ28人くらいって言ってたっけな。

そのなかの30枚オープンは8人。

レギュレーションという縛りルールがあるんですが、

そこでいろいろとカード使えなくなったので、

急遽マラカッチとか入れました。あばばばばば

一回戦。

相手は鋼デッキ。トレーナーズカードでどんどんカード引いて出してきます。
こっちはまあ普通に。
あっちはさっそくコバルオン2匹そろえるし、特殊鋼エネルギーを2個付けて、
攻撃が通りません。
割とダメージ与えたかなぁー と思った時に相手が「ポケモンいれかえ」で
バトル場のコバルオンとベンチのコバルオンを入れ替えます。
つまり体力全快と同じような。
しかも、ギギギアルの特性「ギアチェンジ」で下がったコバルオンのエネルギーを全て
バトル場のコバルオンに付け替えます。
そしておっちにました。
サイド一枚も取れず完封。^p^

二回戦。

相手は草デッキ。自分と同じですねぇ。
相手はヤンヤンマとツタージャを出してきます。
ヤンヤンマはエネルギーを付けていないと逃げるエネルギーが0なので、
ダメージ与えても逃げられます。ちきしょう。
そんでもって、相手がツタージャに「ふしぎなアメ」。
一気にジャローダ進化。レアなので特性の「ロイヤルヒール」で1ターンで10ずつ回復していきます。
全員。
しかもヤンヤンマはメガヤンマに進化。
そして出てきます。
メガヤンマはポケボディーで相手の手札と自分の手札の枚数が一緒なら、
エネルギー無視して技を使えるようです。
でも自分もけっこうポケモンそろえて、対抗しました……が、
山札切れで負けました^p^

三回戦。

相手は悪デッキ。おおこyこy
相手はニューラを出してきます。どうやら1匹だけ。
でもこっちも一匹しかいなく、どっちとも引きが悪い。
そんでもって相手はマニューラに進化。

はい死亡。





あれっ?全敗。

国際交流終わり

国際交流終わりましたー。

フィンランドの人マジにブロンドの髪だったわ!

金のような黄色のような。そんな感じだった!

あとシンガポールの人イケメソだった。

中国の人は・・・まぁ、多少はね。

それと中国の人の2人が電気電子の方をやってて、3DのゲームのPVを見せてくれた。

中国の人「これは私が作った3Dの中国です」

実際:空中から剣でてきたし、いきなり思いっきり爆発したり、2段ジャンプしてました。

ちなみに全員日本語しゃべれました^p^

英語で放送したんですがね、うまくいったっぽいです。

担当の先生に褒められました^^

シンガポールの人とは世間話しました。

自分「Do you know tamiru language?」

とか。

相手の言葉がなかなか理解できんかった。

日本語もあまり伝わらないときあった。

言葉の壁って強いね!難しいね!

国際交流と、大会。

もう少しで国際交流がありまする。

中国の人とかシンガポールの人とかくるっぽいです。

フィンランドの人は女性だって!フォォォォ!

北海道の大学の人らしいけどね。

それでわたくしはですね、放送で独自(←ここ重要)に英語で心理テストを話すんですね!

すごくないですかこの発想!

まあ、がんばって翻訳してますしてもらってます(チャットの人に)

できるだけ噛まないようにがんばりまする。

これでも放送委員長なのでねぇ。



話は変わって。

もすこししたらポケモンカードの大会に行って来ます。ちなみに30枚デッキの方。

そんな大層なものではないです。

まあ調べたらわかると思うんですが、ジム☆チャレンジってのがやってるんでいってきますよ。

ちなみに草デッキ。中身は

ツタージャ、ジャノビー、ジャローダ1枚ずつ
モンジャラ、モジャンボ1枚ずつ
モンメン、エルフーン1枚ずつ
ミニリュウ、ハクリュウ、カイリュー1枚ずつ
バッフロン1枚

あとはそれなりのトレーナーズカードです。

コンセプトは ハメ って感じです。
※Eはエネルギーのことです

ジャローダは草E2つで威力60のリーフストームが撃てます。
追加効果は 草ポケモン全員20回復 です。
さらに逃げるEが必要無いです。

モジャンボはポケボディーで毎ターン10回復します。
また、草E1つと無E1つで威力20+コイントス2回やって、混乱、毒、もしくは両方を相手に冒せます。
体力は110と1進化にしてはご立派です。

エルフーンはなにより草E1つでできるコットンガードが有用です。
威力は30で、次のターンのダメージを30減らせます。
しかも逃げるEは必要ありません。
ジャローダと交替交替で出せば^p^

カイリューは、はっきりいって・・・あまり使えません。
なぜ入れているかというと、 草ポケモンの弱点ってみーんな炎なんです。
なので弱点を分散させるため、とHP140なので耐えて時間稼ぎです。
本当の目的はハクリュー。無E2つで好きなポケモンを2匹呼ぶことができます。
これで勝ち筋を決定でき、さらにサイドの中身を把握することができます。

バッフロンもカイリューと同じく弱点を分散させるためと、HP100なので耐えて時間稼ぎです。
たねでHP100って・・・すげえな。
また、リベンジという技がありますが、これは前のターンに自分のポケモンがやられていると
攻撃力が70になるという技です。普段は20で、無E2つ。
なのでベンチで待機させといて、やられたらスパコーンって感じで。

そんな感じですかね。

とりあえず、どのポケモンがでてきても耐えるor攻撃できるように組んでます。

あとはチェレンとかでブースト。

けっこうバランスが良いと自分では思っているんですよね。

それでは、大会でどれくらいいけるか試してきます。

良い成績残したら確かカード10枚くらいと、カードホルダーが貰えたはず・・・。




今日めっちゃくちゃ書いたな。

テスト発表

てすとかえってきたんでほうこくします

国語:40点 
まあ、ね。

数学:94点
100点はなかなかないよなあぁ。
それより てんかい って書いたら×されたし。
理由はひらがなだからだそうです。なんという。

社会:96点
時事問題全部○っていうね。裏かかれた。

理科:84点
計算がねぇー。
まあ80以上だからいいんだけど。

英語:69点
言うことなし。


ちなみに自分の後ろの席の人はなんかわからんけど98・98・94取ってました。はあ。

順位は過去最低でしたよ。シーラネ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。